スキップしてメイン コンテンツに移動

Power Edge T320(その1)

Power Edge T320 ベーシックモデル T320(P14032500350W)

NTT-X Storeで購入。

【箱汚れ/新品/未開封】の17980円の2000円引き。(2013年6月30日)

仕様はこんな感じ。

メーカー型番T320(P14032500350W) 
CPUIntelR PentiumRプロセッサー 1403 
周波数2.60GHz 
CPU数(標準)1個 
CPU数(最大)1個 
筐体タワー型 
チップセットインテルC600シリーズ 
メインメモリ(標準)2048MB 
メインメモリ(最大)98304MB 
メモリタイプ1333MHz LV RDIMM 
メモリスロット(空/全)5/ 6 
HDDタイプSATAII 
HDD容量(標準)500GB 
HDD容量(最大)16000GB 
CDあり 16倍速 SATA DVD+/ -RW 
FDなし 
ストレージ・ベイ3.5(空/全)3/ 4 
グラフィックコントローラAC100V Matrox G200 
VRAM16MB 
ディスクコントローラE:SATA 
RAIDアダプタオンボード(SATA) 
LAN内蔵 10/ 100/ 1000 Mbps NIC コネクタ (2ポート) 
リダンダンドパワー搭載可(標準では非搭載) 
インストールOSなし 
本体サイズ(H×W×D)430.3mm x 218.0mm x 558.6mm(突起物は含まない) 
本体重量最大29.55Kg 
梱包個数1梱包 
電源AC100V AC100V 
最大消費電力350W 

詳しいレビューは、DELL Power Edge T320 ベーシックモデルを分解を参照あれ。

ubuntu 12.04 LTS のイメージファイルを作成して、インストール。

対応OSは↓のようになっているけど、問題なくインストールできました。

 Windows ServerR 2008 x64 R2 SP1, Windows ServerR 2012, Small Business Server 2011, Red Hat Enterprise Linux, SUSE Linux Enterprise Server

BIOSの設定で、Bootドライブの順番を、DVDドライブを一番上にするのを忘れなければ普通にインストールできます。

12.04の新しいウインドウだと、若干重たさを感じる。特にアプリファイルを表示させた時に…

悔しいのでメモリーを追加で購入。

動くかどうかは、DELL Power Edge T320はアンバッファードメモリが利用可能で確認。



作者は、Century Microだったそうですが、コメントを入れた方の情報より、IOデータ製をチョイス。8G×1枚にしました(今回の鯖構築は仕事であるが、手弁当のため予算不足)。

A2ソケットにこれをいれたが認識せず。つまり、2G+8Gは駄目。

8GをA1ソケットにいれて、元々の2Gを取り外したら、正常起動。

とにかくX-Windowが遅いのは、メモリーなのかCPUスペックなのかは、わかりませんが、

皆様のサーバ選択の参考になれば幸です。

追記)X-windowが遅いのはオンボードのグラフィックチップのせいでした…


コメント

このブログの人気の投稿

macOS 空き容量 パージ可能 削除する

macOSで空き容量はあるのに、パージ可能の前に100Gとか付いちゃってる場合の対処方。

つまり 空き容量170G(160Gパージ可能)とかなっちゃってる時の対処方です。

いろいろと、調べて見るとTimeMachineのバックアップファイルがPC上に出来ちゃっているそうなので、


ここのバックアップを自動作成、を外して、再起動すれば良いらしい。

が、私の場合はそれでもうまくいかず。相変わらず160Gぐらいパージ可能領域と表示されました orz。

で、いろいろと調べて見ると、このバックアップファイル(スナップショットと呼ぶ)を直接削除すれば良いみたいです。

そのコマンドは、

tmutil listlocalsnapshots /

です。まずは入力してみると…
※最後の / をお忘れなく。

MD231-3:~ username$ tmutil listlocalsnapshots /
com.apple.TimeMachine.2019-09-22-112004
com.apple.TimeMachine.2019-09-22-122003
com.apple.TimeMachine.2019-09-22-132404
com.apple.TimeMachine.2019-09-22-152134
com.apple.TimeMachine.2019-09-22-162120
com.apple.TimeMachine.2019-09-22-173045
com.apple.TimeMachine.2019-09-22-192534
com.apple.TimeMachine.2019-09-22-202418
com.apple.TimeMachine.2019-09-22-212011
com.apple.TimeMachine.2019-09-22-222053
com.apple.TimeMachine.2019-09-23-022726
com.apple.TimeMachine.2019-09-23-032412
com.apple.TimeMachine.2019-09-23-082950

と、スナップショットの一覧が表示されますので、

tmutil deletelocalsnapshots YYYY-MM-DD-HHMMSS

で、削除します。

実際は、以…